京都市下京区のヒロセ薬局は、JR丹波口駅近くで五条大宮すぐの調剤薬局。医薬品をはじめ精力剤、健康食品の販売も行います。

京都市下京区のヒロセ薬局は、JR丹波口駅・五条大宮すぐの調剤薬局。
下京区の当薬局は医薬品をはじめ精力剤、健康食品の販売も行います。

京都市下京区のヒロセ薬局は、JR丹波口駅近くで五条大宮すぐの調剤薬局。医薬品をはじめ精力剤、健康食品の販売も行います。 薬のことなら京都市下京区のヒロセ薬局へお気軽にご相談ください。 tel: 075-841-9013
京都市下京区の調剤薬局、ヒロセ薬局がお届けするニュース
夏バテ
そろそろ夏バテを意識する季節になってまいりました。
夏バテは、夏の暑い日に体温を下げようとするのに必要なエネルギーが不足することにより
<熱が出る><倦怠感><胃腸の不調>などが現れることです。

日本の夏は高温多湿で夏バテしやすいので予防・対策をしっかり意識しましょう。
京都市下京区のヒロセ薬局は、JR丹波口駅近くで五条大宮すぐの調剤薬局。医薬品をはじめ精力剤、健康食品の販売も行います。
夏バテの予防・対策
水分の不足
夏は暑いので体は汗をかいて体内の熱をもった水分を外に出して体温を下げようとします。
この時に十分な水分が体内に無いと、汗がかけずに体温を下げられない事態になります。
お年寄りなどの熱中症の原因にもなります。
こまめに水分は取るようにしましょう。
(コーヒー・紅茶・お茶でなく水が理想的です)

自律神経の不調
体温が上昇すると汗をかいたりして体温を下げる指令をだしたりするのが自律神経です。
昨今は室内ですとクーラーが効いていて暑くない事が多いので、
クーラーの効いている所と、効いていない所を繰り返し移動すると
自律神経が疲れてしまい食欲不振などを起こしスタミナ不足の原因になります。
クーラーの設定温度を下げ過ぎないようにしましょう。

内臓機能の低下
水分の不足・自律神経の不調が起こると胃腸などの機能にも影響がでてきます。
胃腸などの機能が低下しているのに、冷たい飲み物(ジュース・ビールなど)をとり過ぎると
食欲が低下→スタミナ不足となり夏バテは悪化する一方ですので、
水分は必要ですが、冷たい飲み物はほどほどにしましょう。

自律神経の不調には漢方薬
胃腸の不調には胃腸薬、
スタミナ不足にビタミン・ミネラルなどで補助も出来ますが、
予防と対策をキッチリしないと夏バテの原因が無くならないので
夏場の生活には十分注意をしましょう。
京都市下京区のヒロセ薬局は、JR丹波口駅近くで五条大宮すぐの調剤薬局。医薬品をはじめ精力剤、健康食品の販売も行います。